コラム

【インプラント】治療費が戻ってくる!?医療費控除とは~年収400万円の場合~

こんにちは。
郡山市朝日の歯科医院「フィレールデンタルクリニック」です。

インプラント治療をしたいけれど、高額で悩んでいる方!諦めるのはまだ早いです。
じつは、インプラント治療は医療費控除という治療費が戻ってくる制度を受けられます。
インプラント治療で医療費控除を受けて、しっかり噛めて快適な毎日を送ってみませんか?


医療費控除とは、1年間のうちに使用した医療費が10万円を超えた場合、所得に応じて一定の金額が控除される制度です。
インプラント治療も医療費控除の対象になるので、確定申告時に忘れずに申請をしましょう。

また、カードやローンでインプラント治療費を支払った場合も医療費控除を受けることが可能ですが、金利や手数料は適用外です。

「失った歯の部分を補うために行う」インプラント治療をする方が対象で、「美容目的」で行う場合は対象とはなりませんので注意しましょう。

会社員の方でも、自ら申請をしない限り控除されることはありません。

インプラント治療の場合は、「歯科医院でもらう領収書」と「通院の際の交通機関の領収書」が必要になるので、確定申告のときまで保管しておきましょう。

申請を含む確定申告は、国税庁ホームページ内「確定申告特集ページ」からホームページで行うか、税務署に持参または郵送でできます。


例えば総所得金額が400万円のご家庭の場合は、所得税率20%になります。

1年間にかかった医療費が60万円だとすると、
その場合、10万円を超えた金額である50万円に所得税率をかけるので、
50万円×20%=10万円
となり、10万円の治療費が戻ることになります。
医療費控除は高額なインプラント治療の際にも使える制度なので、ぜひ活用してみて下さい。

また、「住民税」の1部も戻ります。
所得税は、申告後しばらくしてからご指定の銀行口座に振り込みが完了します。
しかし住民税は、申告した年の6月に決定される住民税の金額で調整されますので、忘れずに確認しましょう。

フィレールデンタルクリニックは、インプラント治療で患者さんの負担を減らせるように、精密な検査やシミュレーションも行っています。
インプラント治療で、ご自身の歯と同様の噛み心地や見た目を手に入れてはいかがでしょうか?

郡山でインプラント治療をご検討中の方は、フィレールデンタルクリニックまでご相談ください。

関連記事

最近の記事

  1. インプラントの治療期間はどれくらいかかるのか?

  2. 【インプラント】治療費が戻ってくる!?医療費控除とは~年収400万円の場合~

カテゴリー

アーカイブ